森と本と人のつながりを考える

» 人事・消息・移転

飛騨市が広葉樹コンシェルジュやコンソーシアム

飛騨市が広葉樹コンシェルジュやコンソーシアム

岐阜県の飛騨市が地場資源である広葉樹の本格活用に乗り出している。4月1日付けで専門職員の「広葉樹活用コンシェルジュ」を配置したのに続き、4月30日には「広葉樹活用推進コンソーシアム」を設立し、「広葉樹のまちづくり」実現へ […]

森林研究・整備機構の新理事長に浅野(中静)透氏

森林研究・整備機構の新理事長に浅野(中静)透氏

森林研究・整備機構の理事長に、人間文化研究機構総合地球環境学研究所特任教授で東北大学名誉教授の浅野透氏(64歳)が4月1日付けで就任した。浅野氏は、2017年に第1回「みどりの学術賞」を受賞。学術論文などは旧姓の「中静」 […]

北海道・東北・九州の3森林管理局長が交代

北海道・東北・九州の3森林管理局長が交代

林野庁は4月1日付けで人事異動を発令した。北海道・東北・九州の3森林管理局が交代するなど一連の動きがあった。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第626号、4月8日発行)でお伝えします。 林野庁人事異動(2020(令和2) […]

林土連が創立60周年記念式典、専務理事が交代

林土連が創立60周年記念式典、専務理事が交代

日本林業土木連合協会(新谷龍一郎会長)は、2月19日に東京都内のホテルで今年度(2020年度)の定時総会と創立60周年記念式典を開催した。定時総会では、所定の議案を原案どおり承認するとともに役員を改選。専務理事の菊池博輝 […]

第14回「みどりの学術賞」に中瀬勲氏と福田裕穂氏

第14回「みどりの学術賞」に中瀬勲氏と福田裕穂氏

政府は、14回目となる「みどりの学術賞」の受賞者を兵庫県立人と自然の博物館館長の中瀬勲氏と東京大学副学長の福田裕穂氏に決めた(3月16日に発表)。中瀬勲氏は、阪神・淡路大震災の復興過程で、みどりを通じたコミュニティ形成を […]

住友林業の新社長に光吉敏郎氏、4月1日に就任

住友林業の新社長に光吉敏郎氏、4月1日に就任

住友林業(株)(東京都千代田区)の社長が4月1日付けで交代する。現社長の市川晃氏(65歳)が代表取締役会長となり、新社長には取締役専務執行役員の光吉敏郎氏(57歳)が就任する。2月28日の取締役会で決めた。→詳しくは、「 […]

奈良県の吉野町長に7代目「山守」の中井章太氏

奈良県の吉野町長に7代目「山守」の中井章太氏

1月26日に投開票された奈良県の吉野町長選挙で、中井章太氏(51歳)が初当選を果たした。中井氏は、家業である「山守」の7代目で、中神木材の社長。地場資源を活かした「銘木と銘酒のフォーラム」(「林政ニュース」第432号参照 […]

【訃報】半田良一さん

【訃報】半田良一さん

半田良一さん(はんだ・りょういち=京都大学名誉教授) 1月31日午後5時25分、老衰のため死去。94歳。日本を代表する林政学者の一人として活躍した。主な著作に、『林政学』(1990年、文永堂)、『変貌する製材産地と製材業 […]

新・基本計画の策定へ“タコ部屋”を設置

新・基本計画の策定へ“タコ部屋”を設置

林野庁は1月14日付けで、新しい森林・林業基本計画の策定に向けた“タコ部屋”(森林・林業基本計画検討室)を設置した。現行の基本計画を人口減少などの状況変化を踏まえて2020年度中に見直す。“タコ部屋”のメンバーは、石井洋 […]

全国林業改良普及協会が4月採用職員を募集

全国林業改良普及協会が4月採用職員を募集

全国林業改良普及協会は、4月1日付けで採用する職員を募集している。応募要件は森林・林業関係の企業・団体等での業務経験がある人で、採用予定数は1名。書類選考と作文及び面接試験により採用者を決定する。応募締め切りは1月31日 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)