森と木と人のつながりを考える

Posts by 日本林業調査会

第8代「みどりの女神」に成田愛純さん

第8代「みどりの女神」に成田愛純さん

1月24日に東京都内で「第54回ミス日本コンテスト2022」が開催され、8代目となる「ミス日本みどりの女神」にモデル兼女優の成田愛純(なりた・あすみ、写真右)さんが選ばれた。成田さんは、雑誌『セブンティーン』の専属モデル […]

オンラインで「モクコレ2022」を開催中

オンラインで「モクコレ2022」を開催中

東京都は、国産材製品の展示商談会「WOODコレクション(モクコレ)2022」を2月15日(火)までオンラインで開催している。当初は2月1・2日に東京ビッグサイトでリアル展示会を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染症の […]

『いざ!母島へ』が世界遺産フォトコンのグランプリ受賞

『いざ!母島へ』が世界遺産フォトコンのグランプリ受賞

小笠原諸島の世界自然遺産登録10周年を記念して行われたフォトコンテスト(環境省・林野庁・東京都・小笠原村の共催)の審査結果が昨年(2021年)12月24日に発表された。874作品の応募があった中から、高橋小太郎さんの『い […]

<本日開催!>【19:00~】『コモンズと地方自治』の著者と一緒に考えるW...

<本日開催!>【19:00~】『コモンズと地方自治』の著者と一緒に考えるWebinar 森林の自治を問う:入会・財産区・コモンズ

/ あなたは「コモンズ」と森林について考えたことがありますか? \ 市場経済が行き詰まりをみせる中で、「コモンズ(共有)」と森林のかかわりが改めて注目されています。 そこで本日(1月24日)19:00からのJ-FIC W […]

「林政ニュース」第669号(2022年1月26日発行)ができました!

「林政ニュース」第669号(2022年1月26日発行)ができました!

第669号は、荒廃農地の森林化支援へ来年度から新事業/国産ツキ板を使った環境書道展「いのちの木」開催/5年たったクリーンウッド法をどうする?/山口県森連が美祢市に「西部木材センター」新設/御嵩町と可茂森組が第2期森林経営 […]

<開催間近!>【1/24 19:00~】『コモンズと地方自治』の著者と一緒...

<開催間近!>【1/24 19:00~】『コモンズと地方自治』の著者と一緒に考えるWebinar 森林の自治を問う:入会・財産区・コモンズ

/ あなたは”コモンズ”を説明できますか? \ ”コモンズ”という言葉を最近よく聞くようになりました。あなたが興味ある森林も”コモンズ”と考えることができます。 ですが、”コモンズ”という言葉だけが1人歩きしてしまって、 […]

日南町樹木育苗センター竣工、24年度20万本を目指す

日南町樹木育苗センター竣工、24年度20万本を目指す

鳥取県の日南町に最新設備を備えた「日南町樹木育苗センター」が完成し、昨年12月22日に竣工式が行われた。カラマツ、少花粉スギ、ヒノキのコンテナ苗を年間12万本育て、供給する。今後も段階的に設備を拡充していき、2024年度 […]

2月1日に緑の募金&森林ファンドの公募開始、セミナーも

2月1日に緑の募金&森林ファンドの公募開始、セミナーも

国土緑化推進機構は、2022年度(令和4年度)に「緑の募金」と「緑と水の森林ファンド」で助成支援する市民活動を2月1日(火)から3月15日(火)まで一般公募する。助成対象者は、民間の非営利団体や非営利の法人。2月7日(月 […]

大分県と立命館が協定締結、新設する教学棟を木造化

大分県と立命館が協定締結、新設する教学棟を木造化

大分県と学校法人立命館は、昨年12月16日に「木材の利用促進と教育に関する協定」を締結した。立命館は、別府市にある立命館アジア太平洋大学内に新学部「サステナビリティ観光学部」(仮称)を開設する準備を進めており、新設する教 […]

森林協働プロジェクトがアンケート調査を実施中

森林協働プロジェクトがアンケート調査を実施中

横浜国立大学を中心とする森林協働プロジェクトは、アンケート調査「森林活用に向けた科学-実務-政策のニーズを探る」を行っている。森林の多面的機能などに関する個人的な見解を幅広く集め、立場間でのギャップの有無や程度を評価する […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本