森と木と人のつながりを考える

» 災害・森林被害

「2,4,5-T系除草剤」問題の経緯や対策をQ&Aも含め解説

「2,4,5-T系除草剤」問題の経緯や対策をQ&Aも含め解説

林野庁は、約50年前に国有林内で使用された「2,4,5-T系除草剤」(「林政ニュース」第677号参照)の処理に関する経緯や現状、今後の対策などをまとめ、ホームページ上で公開した。同除草剤とダイオキシン類との関係や、埋設管 […]

今日から「令和4年度山地災害防止キャンペーン」実施

今日から「令和4年度山地災害防止キャンペーン」実施

林野庁は都道府県・市町村と連携して、「令和4年度山地災害防止キャンペーン」を今日(5月20日)から6月30日(水)まで行う。国内では毎年2,000か所以上で山地災害が発生している。本格的な梅雨期に入ることを踏まえ、山地災 […]

「足利市の山林を火災から守る条例」を制定・施行

「足利市の山林を火災から守る条例」を制定・施行

栃木県の足利市は、昨年(2021年)発生した大規模な山火事(「足利市西宮林野火災」)を踏まえ、「足利市の美しい山林を火災から守る条例」を制定し、4月1日に施行した。同条例は全10条からなり、「市民等は、山林の屋外において […]

14年に及んだ「阿津江地区直轄地すべり防止事業」が完了

14年に及んだ「阿津江地区直轄地すべり防止事業」が完了

徳島県那賀町阿津江地区(旧木沢村)で14年間にわたって行われてきた国の直轄地すべり防止事業が昨年度(2021年度)末で完了した。3月3日には、那賀町の鷲敷中央公民館で完工記念式典を開催。橋本裕治・四国森林管理局長から飯泉 […]

盛土災害防止検討会が新たな法制度と規制強化を提言

盛土災害防止検討会が新たな法制度と規制強化を提言

26人が死亡した静岡県熱海市の土石流災害(「林政ニュース」第657号参照)を受け、政府の「盛土による災害の防止に関する検討会」は昨年(2021年)12月20日の第4回会合で、新たな法制度を創設して規制や罰則を強化すべきと […]

山地災害危険地区を含めて危険な盛土を総点検

山地災害危険地区を含めて危険な盛土を総点検

静岡県熱海市の土石流災害(「林政ニュース」第657号参照)を受け、山地災害危険地区を含めた危険な盛土の総点検が始まった。政府は8月10日に「盛土による災害防止のための関係府省連絡会議」を開き、重点点検対象エリア(箇所)に […]

梅雨期本格化を踏まえ「山地災害防止キャンペーン」実施中

梅雨期本格化を踏まえ「山地災害防止キャンペーン」実施中

林野庁は都道府県・市町村と連携して、「令和3年度山地災害防止キャンペーン」を6月30日(水)まで実施している。本格的な梅雨期に入っていることを踏まえ、山地災害パトロールや山地災害危険地区等の説明会などを集中的に行うことに […]

「吉野川上流治山事業所」の開所式を行う

「吉野川上流治山事業所」の開所式を行う

2018年の「平成30年7月豪雨」で被災した徳島県三好市と高知県大豊町で、県境をまたいだ民有林直轄治山事業(「林政ニュース」第633号参照)を実施する拠点となる「吉野川上流治山事業所」の開所式が4月20日に開かれた。約5 […]

全国初!配達車両に「山火事注意」ステッカー

全国初!配達車両に「山火事注意」ステッカー

岩手県沿岸広域振興局(釜石市)の農林部は、全国で初めて郵便局と宅配業者の配達車両を利用して山火事防止を呼びかける活動を行っている。山火事防止運動月間である5月末まで、釜石地区で配達作業を行う車両に「山火事注意」のステッカ […]

ナラ枯れ被害が再び拡大、北海道でカシナガを発見

鎮静化の兆しをみせていたナラ枯れ被害が再び拡大してきている。林野庁が1月15日に発表した速報値によると、今年度(2020年度)の被害量は約18万5,000m3で、前年度の約6万m3から大幅に増加した。また、森林総合研究所 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本