森と木と人のつながりを考える

Posts by 日本林業調査会

大会テーマは「育てるけん 伊予の国から 緑の宝」

大会テーマは「育てるけん 伊予の国から 緑の宝」

2026年春に愛媛県で開催する「第76回全国植樹祭」の大会テーマとシンボルマークが決まった(3月19日に発表)。大会テーマには、全国から2,072点の応募があり、愛媛県立伊予農業高等学校3年・甲斐紅苺(かい・べには)さん […]

鹿児島大が次世代林業マイスター養成講座の受講者を募集

鹿児島大が次世代林業マイスター養成講座の受講者を募集

鹿児島大学農学部・かごしまルネッサンスアカデミーは、次世代林業マイスター養成講座の受講者を募集している。対象は、素材生産業の生産管理者や候補者、森林の管理人などの社会人。6月27日(木)から11月8日(金)までの間に2泊 […]

「ドイツ森林・林業・木材産業関連視察研修」参加者募集中

「ドイツ森林・林業・木材産業関連視察研修」参加者募集中

山陽商事(株)は、「ドイツ森林・林業・木材産業関連視察研修」への参加者を募集している。6月16日(日)から22日(土)までドイツ・シュバルツェンボルンで開催される世界最大の林業デモイベント・産業交流会(KWF-Taung […]

3年以内に「育成就労」新設、「特定技能1号」に林業・木材産業を追加

3年以内に「育成就労」新設、「特定技能1号」に林業・木材産業を追加

外国人材の受け入れ拡大に向けた国の制度見直しが前進してきた。政府は、現行の技能実習制度に代わって「育成就労制度」(『林政ニュース』第714号参照)を創設することを盛り込んだ技能実習法と出入国管理法の改正案を3月15日に閣 […]

中部局長と本庁3課長が交代、林野庁2024年4月人事異動

中部局長と本庁3課長が交代、林野庁2024年4月人事異動

林野庁は4月1日付けで人事異動を発令し、中部森林管理局長をはじめ本庁の整備・管理・業務課長が交代するなど一連の動きがあった。→人事評など詳しくは、「林政ニュース」第722号(4月10日発行)でお伝えします。 林野庁人事異 […]

「再造林率日本一」へ、宮崎県が前例のない大型プロジェクトに着手

「再造林率日本一」へ、宮崎県が前例のない大型プロジェクトに着手

林業先進地として知られる宮崎県で、全国的にも、そして林政史的にも前例のない大きなスケールの新規プロジェクトが新年度(2024年度)からスタートする。同県の河野俊嗣知事は、「3つの日本一挑戦プロジェクト」の1つとして「再造 […]

林業経営「創意工夫」受賞者に2件、大日本山林会

林業経営「創意工夫」受賞者に2件、大日本山林会

大日本山林会は、今年度(2023年度)の林業経営「創意工夫」表彰行事の受賞者として次の2件を選んだ(3月15日に発表)。表彰式は、5月28日に開催する2024年度定時総会の中で行う。 ・優秀賞=田口房国氏(岐阜県、『林政 […]

宍粟市が新たに「森林環境ポイント事業」開始

宍粟市が新たに「森林環境ポイント事業」開始

兵庫県の宍粟市は、来年度(2024年度)から新たに「森林環境ポイント事業」を始める。森林整備や省エネ活動に取り組んだ市民にポイントを付与し、貯まったポイントは賞品と交換できるようにして、森づくりや環境問題に関する意識と意 […]

最多はフォワーダの3,651台、2022年度の高性能林業機械保有状況

最多はフォワーダの3,651台、2022年度の高性能林業機械保有状況

林野庁は、高性能林業機械の保有状況に関する最新データとなる2022年度の調査結果を公表した。総台数は1万2,601台で、最も多いのはフォワーダの3,651台(前年度2,863台)。次いで、フォーク収納型グラップルバケット […]

奥能登地域の7か所で国直轄の災害復旧事業実施

奥能登地域の7か所で国直轄の災害復旧事業実施

「令和6年能登半島地震」(『林政ニュース』第716・717号参照)で被災した石川県奥能登地域で、国直轄の災害復旧等事業を実施することが決まった(林野庁が3月1日に発表)。対象となるのは輪島市内及び珠洲市内で山腹崩壊や土砂 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本