森と本と人のつながりを考える

» 人材育成・雇用創出

島根県雲南市で5月17日から「林業体験研修」実施

島根県雲南市で5月17日から「林業体験研修」実施

島根県林業公社は、5月17日(月)から21日(金)までの5日間、県内の林業事業体に就職を希望する50歳未満の者を対象に「令和3年度林業体験研修」を実施する。雲南市の木次林業総合センターで、刈払機とチェンソーの安全な使い方 […]

「林業アカデミーふくしま」の実習に協力、福島署と塙町

「林業アカデミーふくしま」の実習に協力、福島署と塙町

来年(2022年)4月に本格開講する「林業アカデミーふくしま」の研修事業を支援するため、福島森林管理署と塙町が実習フィールドを提供することにした。3月26日に福島県と福島署が「林業の人材育成に向けた連携・協力協定」を締結 […]

「青い森林業アカデミー」の人材育成支援へ協定締結

「青い森林業アカデミー」の人材育成支援へ協定締結

青森県の平内町で4月に開講した「青い森林業アカデミー」(「林政ニュース」第626号参照)の研修をサポートする体制が整ってきている。青森県と東北森林管理局は、3月22日に「青い森づくりの推進に関する覚書」を締結し、国有林と […]

水俣・芦北地域の高校生らが木製ベンチを製作し寄贈

水俣・芦北地域の高校生らが木製ベンチを製作し寄贈

熊本県水俣・芦北地域の林業・木材産業関係者と高校生らは、令和2年7月豪雨災害(「林政ニュース」第633・634号参照)からの復興事業の一環として、3月5日に木製ベンチとプランターづくりを芦北町総合コミュニティセンターで実 […]

林木育種センターが一般職員募集、8月に3名採用へ

林木育種センターが一般職員募集、8月に3名採用へ

林木育種センターは、8月に新規採用する一般職員を募集している。採用予定数は3名。応募要件は、1991年4月2日以降に生まれ、大学、高専、短大、専門学校、林業大学校を卒業した人。学部・学科、既卒者、転職者などは問わない。応 […]

2020年度は106名を「森林施業プランナー」に認定

2020年度は106名を「森林施業プランナー」に認定

森林施業プランナー協会は、2020年度の「森林施業プランナー」として106名を認定した(3月31日に発表)。この認定制度は、提案型集約化施業を推進するために2012年度に発足(「林政ニュース」第443号参照)。これまでの […]

林業技士に106名が合格、2020年度の結果公表

林業技士制度を運営している日本森林技術協会は、2月24日に今年度(2020年度)の認定結果を公表した。養成研修の部(7部門)と資格要件審査の部(2部門)に計208名の受講申し込みがあったが、66名が集合研修の受講を翌年に […]

鹿児島大学が「次世代林業マイスター養成講座」の受講生募集

鹿児島大学が「次世代林業マイスター養成講座」の受講生募集

鹿児島大学は、「次世代林業マイスター養成講座2021」の受講生を募集している。社会人を対象にして、高度な「林業生産専門技術者」になるための講義や演習、実習、見学会などを計80時間行う。修了者は、国有林野事業の総合評価型入 […]

25社を紹介する「ふくい林業事業体ガイドブック」

25社を紹介する「ふくい林業事業体ガイドブック」

福井県は、県内の認定事業体25社を紹介する「ふくい林業事業体ガイドブック」を作成した(森林環境譲与税を活用)。各事業体の事業内容や売上高、従業員数、平均年齢などとともに、雇用形態や給与体系、勤務時間などの情報も記載し、働 […]

「ふじのくに木使い建築カレッジ」の修了生が事例発表会

「ふじのくに木使い建築カレッジ」の修了生が事例発表会

静岡県は、「ふじのくに木使い建築カレッジ」の修了生による事例発表会を昨年11月26日に静岡市産学交流センターで開催した。同カレッジは、県産材を活用した中大規模非住宅建築物の木造化・木質化を担える人材の育成を目指して201 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)