森と木と人のつながりを考える

» 人材育成・雇用創出

トトロのふるさと基金が特別契約職員を1名募集

トトロのふるさと基金が特別契約職員を1名募集

埼玉県所沢市の公益財団法人トトロのふるさと基金は、4月1日付けで採用する特別契約職員を1名募集している。業務内容は、里山保全に関する同基金の業務全般のほか、イベントの管理・運営、環境保護活動など。雇用期間は1年(採用後6 […]

林野庁が課長補佐級・係長級の技術系職員を募集

林野庁が課長補佐級・係長級の技術系職員を募集

林野庁は、課長補佐級と係長級の技術系職員(総合職)を若干名募集している。来年(2023年)1月6日(金)まで必要書類を受け付け、論文等の1次選考と面接の2次選考を経て採用者を決める。応募するには、大学卒業後に民間企業や官 […]

本山町が「地域フォレスター」募集、移住者を採用へ

本山町が「地域フォレスター」募集、移住者を採用へ

「土佐本山コンパクトフォレスト構想」(「林政ニュース」第676号参照)を策定した高知県本山町は、同構想の中核を担う人材として「地域フォレスター」を12月8日(木)まで募集している。地域おこし協力隊制度を活用して来年度(2 […]

3年かけ「くらすべ山形木育の森」整備、移住者ネットなど

3年かけ「くらすべ山形木育の森」整備、移住者ネットなど

やまがた移住者ネットワーク(山脇文子会長)と、同ネットワークの事務局をつとめるふるさと山形移住・定住推進センター(鈴木隆一理事長)及びやまがた森林(もり)と緑の推進機構(今井敏理事長(元林野庁長官))は、「くらすべ山形木 […]

鹿児島大学が「林業デジタル人材リスキルプログラム」

鹿児島大学が「林業デジタル人材リスキルプログラム」

鹿児島大学農学部は、「林業デジタル人材リスキルプログラム」を開設する。10月から12月まで計60時間の研修を行い、林業のデジタル化に関する知識習得とスキルアップを図る。受講料無料(宿泊・食費等は各自負担)。申し込み締め切 […]

FSCジャパンが正職員を1名募集、11月に採用予定

FSCジャパンが正職員を1名募集、11月に採用予定

NPO法人日本森林管理協議会(FSCジャパン、東京都新宿区)は、正職員を1名募集している。広報やイベントの企画運営などを担当し、日本語の文章力とともに、FSC各国オフィス等とやりとりできる英語力が必要。雇用契約期間の定め […]

「さが林業アカデミー」を初開講、3ステップで学ぶ

「さが林業アカデミー」を初開講、3ステップで学ぶ

佐賀県は、林業への就業希望者を即戦力として育成する「さが林業アカデミー」を初めて開講する。9月から来年(2023年)3月にかけて、セミナー(「知る」)、体験会(「触れる」)、講習会(「学ぶ」)を行い、ステップを踏みながら […]

名古屋・大阪・東京・福岡で「森林(もり)の仕事ガイダンス」

名古屋・大阪・東京・福岡で「森林(もり)の仕事ガイダンス」

全国森林組合連合会は、今年度(2022年度)の林業就業相談会「森林(もり)の仕事ガイダンス」を、名古屋・大阪・東京・福岡の4会場で開催する。事前予約制による人数の制限などコロナ感染対策を徹底し、一部の内容はウェッブでも公 […]

田辺市が林業専門員を初募集、来年度採用へ

田辺市が林業専門員を初募集、来年度採用へ

和歌山県の田辺市(「林政ニュース」第672号参照)は、来年度(2023年度)に採用する林業専門員を1名程度募集している。受験資格は、短期大学、大学、大学院で森林・林学系の学部学科を卒業し、満39歳以下であること。8月15 […]

林木育種センターが一般職員を募集、12月に2名採用

林木育種センターが一般職員を募集、12月に2名採用

林木育種センターは、12月に新規採用する一般職員を募集している。採用予定人数は2名。応募要件は、1987年4月2日以降に生まれ、大学や高専、短大、専門学校、林業大学校などを卒業し、12月1日から勤務可能な人。学部・学科、 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本