森と木と人のつながりを考える

» 森林サービス

森林インストラクター試験に100名が合格、女性は3割

森林インストラクター試験に100名が合格、女性は3割

全国森林レクリエーション協会は、12月15日に今年度(2021年度)の森林インストラクター試験合格者を発表した。受験申込者数284名(昨年度は277名)に対し、合格者は100名(同134名)。女性の合格者は30名(同40 […]

年間約2万人が訪れる「フォレストアドベンチャー・小田原」

年間約2万人が訪れる「フォレストアドベンチャー・小田原」

日本林業経営者協会の副会長もつとめる辻村山林・辻村農園の8代目・辻村百樹氏(神奈川県小田原市)は、70haの所有林の一部を「フォレストアドベンチャー・小田原」として一般に開放し、安定した収益源に育て上げている。「フォレス […]

森林レンタル「forenta」を全国でフランチャイズ展開

森林レンタル「forenta」を全国でフランチャイズ展開

山林経営や製材事業を行っている山共(岐阜県東白川村)は、昨年11月から行っているキャンパー向け森林レンタルサービス「forenta(フォレンタ)」(「林政ニュース」第641号参照)を全国的にフランチャイズ展開する(11月 […]

11月22日に森林公園などの再生を考えるオンラインラボ

11月22日に森林公園などの再生を考えるオンラインラボ

Forest Styleネットワーク(「林政ニュース」第618号参照)と国土緑化推進機構は、今年度(2021年度)の第1回「Forest Styleラボ」を11月22日(月)午後1時30分からオンラインで開催する。老朽化 […]

フォレストーリーが山林サバゲー事業で地域を活性化

フォレストーリーが山林サバゲー事業で地域を活性化

「Sustainable Forest Action 2020」をきっかけに起業したフォレストーリー(栃木県宇都宮市、「林政ニュース」第653号参照)が栃木県壬生町の山林内で模擬戦闘を行うサバイバルゲーム(サバゲー)事業 […]

森林サービス産業の先進モデル地域に飯山・富士宮・宍粟の3市

森林サービス産業の先進モデル地域に飯山・富士宮・宍粟の3市

国土緑化推進機構とさとゆめは、「森林サービス産業(健康経営分野)」(「林政ニュース」第612号参照)の先進モデル地域に、長野県飯山市、静岡県富士宮市、兵庫県宍粟市を、また、準モデル地域に、群馬県上野村、山梨県都留市、長野 […]

人気TVアニメ『ゆるキャン△』と「お薦め国有林」がコラボ

人気TVアニメ『ゆるキャン△』と「お薦め国有林」がコラボ

林野庁は、人気テレビキャンプアニメーション『ゆるキャン△』シリーズ(製作委員会代表幹事:フリュー(株))と連携して、「日本美しの森 お薦め国有林」(「林政ニュース」第549・556号参照)の魅力やキャンプ場情報などをまと […]

「吉野さくら水」の工場改装に向けクラファン実施中

「吉野さくら水」の工場改装に向けクラファン実施中

奈良県吉野地域に住む女性3名が6月に起業したココ吉野(奈良県吉野町)が、サクラの天然香料水「吉野さくら水」の製造工場を改装する資金をクラウドファンディングで募っている。9月30日(木)までに350万円を集めるのが目標。「 […]

羽田空港にデジタル森林浴の「uralaa park haneda」誕生

羽田空港にデジタル森林浴の「uralaa park haneda」誕生

南日本への出発口である羽田空港第1ターミナル出発ロビー南ウィングに、デジタル森林浴空間「uralaa park haneda(うららパークはねだ)」が6月10日にオープンした。フォレストデジタル(北海道浦幌町、「林政ニュ […]

国立公園×国有林で世界水準のモデル地域づくりへ

国立公園×国有林で世界水準のモデル地域づくりへ

環境省と農林水産省は、国立公園の魅力度アップに向けた共同事業に着手する。国立公園の約6割(約130万ha)を国有林が占めることを踏まえ、環境省と林野庁が連携して保護と利用が両立する世界水準のモデル地域づくりに取り組む。小 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本