森と本と人のつながりを考える

» 法律・制度・予算

改正森林組合法が成立、来年4月1日に施行

改正森林組合法が成立、来年4月1日に施行

林野庁が国会に提出していた改正森林組合法(「林政ニュース」第616・629号参照)が、5月28日の衆議院本会議で賛成多数で可決され、成立した。来年4月1日に施行され、森林組合の経営基盤を強化するために、事業譲渡や分割など […]

2次補正で資金繰り対策上積み、雇用維持で保育間伐も

2次補正で資金繰り対策上積み、雇用維持で保育間伐も

政府は、新型コロナ対策となる今年度第2次補正予算案を5月27日に閣議決定した。林野庁関係では、「林業者の資金繰り対策」に約7億5,000万円を上積みしたほか、1次補正の運用改善として、輸出用以外も対象にした「原木保管等事 […]

初の“書面”林政審議会で『森林・林業白書』を承認

初の“書面”林政審議会で『森林・林業白書』を承認

林政審議会は、4月30日に初めて“書面会合”を行い、今年度の『森林・林業白書』の内容を承認した。6月中旬に閣議決定予定の『白書』は、特集テーマを「持続可能な開発目標(SDGs)に貢献する森林・林業・木材産業」とし、SDG […]

コロナウイルス対策も含めて過疎法延長へ

コロナウイルス対策も含めて過疎法延長へ

来年(2021年)3月末で期限切れとなる過疎法(過疎地域自立促進特別措置法)を延長し、新型コロナウイルス対策も織り込んだ「新たな過疎対策」が実施される見通しとなった。総務省の過疎問題懇談会が提言をまとめ、来年4月以降も「 […]

途上国の森林再生へ、調査事業委託者を公募

途上国の森林再生へ、調査事業委託者を公募

国際緑化推進センター(JIFPRO)は、「令和2年度途上国森林再生技術普及事業」の調査業務を委託する企業や団体、大学などを公募している。荒廃した土地に森林を再生させる技術提案等を受け付け、審査の上、実施者を選ぶ。業務委託 […]

森林サービス産業の「推進地域」と「モデル地域」を募集

森林サービス産業の「推進地域」と「モデル地域」を募集

国土緑化推進機構は、森林サービス産業の「推進地域」と「モデル地域」を6月12日(金)まで募集している。推進地域は、地方公共団体などが対象で、登録されると「Forest Styleネットワーク」(「林政ニュース」第618号 […]

国産素材(丸太)の供給量続伸、シェア83.1%にアップ

国産素材(丸太)の供給量続伸、シェア83.1%にアップ

農林水産省は、2019(令和元)年の「木材統計」を4月30日に公表した。同年の素材(丸太)需要量は2,634万8,000m3で前年(「林政ニュース」第604号参照)より19万7,000m3(0.7%)減少したが、国産材の […]

森林組合法改正案が参院通過、共産党は反対

森林組合法改正案が参院通過、共産党は反対

林野庁が今国会での成立を目指している森林組合法の一部改正案(「林政ニュース」第616号参照)が5月15日の参議院本会議で賛成多数で可決され、衆議院に送られた。日本共産党は反対した。同法が成立すると、事業譲渡や分割によって […]

菌床しいたけの産地表示に「中国」など国名明記を

菌床しいたけの産地表示に「中国」など国名明記を

消費者庁は3月27日付けで「食品表示基準Q&A」を改正し、菌床栽培しいたけの産地表示について、「国内で種菌を植え付けた場合は都道府県名、外国で植え付けた場合は当該国名を表示することが望ましい」との考え方を示した。中国から […]

「秩父地域森林活用等創出支援事業補助金」の活用者を募集

「秩父地域森林活用等創出支援事業補助金」の活用者を募集

埼玉県の秩父地域森林林業活性化協議会(1市4町と関係機関で構成)は、「森林活用等創出支援事業補助金」の募集を行っている。公共施設や民間住宅等での木材利用や森林ニュービジネス、人材育成、普及啓発イベントなど「秩父地域を元気 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)