森と木と人のつながりを考える

» CLT

CLT活用し2時間耐火木質部材のコスト削減

CLT活用し2時間耐火木質部材のコスト削減

住友林業は、独自開発した木質部材について、柱と梁で国土交通大臣の2時間耐火認定を取得した。耐火被覆にCLTの一般流通品を使用することで製造コストの削減を図っている。→詳しくは、こちらを参照。

「CLT活用建築物実証事業」の実施事業者募集中

「CLT活用建築物実証事業」の実施事業者募集中

木構造振興と日本住宅・木材技術センターは、今年度(2020年度)予算で行う「CLT活用建築物実証事業」の実施事業者を募集している。助成総額は約1億1,800万円で、3件程度を採択する予定。応募期間は6月4日(木)まで。→ […]

道産トドマツ活用し札幌に高層ハイブリットホテル建設

道産トドマツ活用し札幌に高層ハイブリットホテル建設

三菱地所は、札幌市の大通公園沿いに北海道産トドマツなどを活用した高層ハイブリット木造ホテルを建設する。建物の外装には北海道産タモ材を使った木製ルーパーを設置し、エントランスも木材を基調としたデザインにする。国土交通省の「 […]

日本鯨類研究所太地支所、勝間田駅舎などのCLT化支援

日本鯨類研究所太地支所、勝間田駅舎などのCLT化支援

木構造振興と日本住宅・木材技術センターは、「CLT活用建築物等実証事業」で新たに支援する建築プロジェクトを4月17日に発表した。三栄工業所(岩手県大船渡市)の新社屋や、日本鯨類研究所の太地支所施設(和歌山県太地町)、JR […]

1件当たり5,000万円助成、「CLT建築実証事業」募集中

1件当たり5,000万円助成、「CLT建築実証事業」募集中

木構造振興(株)と日本住宅・木材技術センターは、「CLT建築実証事業」の実施事業者を募集している。助成総額は約2億5,000万円で、1件当たり5,000万円を目安としている。応募期間は3月12日(木)まで。→詳しくは、こ […]

“都市木造”の先進物件、12階建て「フラッツウッズ木場」

“都市木造”の先進物件、12階建て「フラッツウッズ木場」

竹中工務店は、“都市木造”の可能性を広げる地上12階建ての「フラッツウッズ木場」を東京都江東区に建設した。同社オリジナルの2時間耐火部材「燃エンウッド」(「林政ニュース」第574号参照)を改良した「燃エンウッドSAMUR […]

CLT活用建築物等実証事業で2件を追加採択

CLT活用建築物等実証事業で2件を追加採択

木構造振興と日本住宅・木材技術センターが実施している「2019年度CLT活用建築物等実証事業」の2回目の公募期間が終わり、審査の結果、次の2件が採択された。 ◎健康住宅(株)、(株)城南「木質構造技能者研修センターCLT […]

6月24日にPEFC設立20周年記念「国際森林認証フォーラム」

6月24日にPEFC設立20周年記念「国際森林認証フォーラム」

緑の循環認証会議(SGEC/PEFCジャパン)は、6月24日(月)午後1時から東京都港区の石垣記念ホール(三会堂ビル9階)で「PEFC設立20周年記念・SGEC/PEFC国際森林認証フォーラム」を開催する。「もっと認証製 […]

CLT晴海プロジェクトなど6件の建設を支援

CLT晴海プロジェクトなど6件の建設を支援

日本住宅・木材技術センターと木構造振興は、2018年度のCLT活用建築物等実証事業で、CLT晴海プロジェクト(「林政ニュース」第599号参照)や飯能商工会議所会館など6件の建設を支援する(4月26日に発表)。また、今年度 […]

CLTとLVLを組み合わせ木造茶室と手焼き体験室

CLTとLVLを組み合わせ木造茶室と手焼き体験室

広島の名産品「もみじ饅頭」の老舗として知られるやまだ屋(廿日市市)がCLTとLVLを組み合わせて木造の茶室と手焼き体験室を造った。天井スラブにスギ・ヒノキのハイブリッドCLT、耐力壁にラジアータパインのLVL厚板を使用し […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本