森と木と人のつながりを考える

» 新技術・新製品

スギのゲノム編集技術を開発、品種改良期間の大幅短縮へ

スギのゲノム編集技術を開発、品種改良期間の大幅短縮へ

森林総合研究所森林バイオ研究センターと農研機構、横浜市立大学で構成する研究チームは、世界で初めてスギのゲノム編集技術を開発した(8月31日に発表)。狙った遺伝子だけを改変でき、品種改良期間の大幅な短縮化などが可能になる。 […]

13チームが参加し第3回SFA、「企業チャレンジ」新設

13チームが参加し第3回SFA、「企業チャレンジ」新設

3回目となる「SUSTAINABLE FOREST ACTION 2021」(略称「SFA」、「林政ニュース」第636・642号参照)のキックオフイベントが8月21日に行われた。前回を1.5倍上回る参加があり、林業従事者 […]

岐阜県が「林業用無人化技術開発」の動画を公開

岐阜県が「林業用無人化技術開発」の動画を公開

岐阜県が取り組んでいる「林業用無人化技術開発」(「林政ニュース」第638・650号参照)の成果が動画にまとめられ、8月2日に公開された。高所無人掘削機を利用した地拵え・造林作業や、リモコン草刈機による下刈り作業の様子など […]

世界初!「改質リグニン」の製造実証プラントが完成

世界初!「改質リグニン」の製造実証プラントが完成

スギチップからつくられる新素材「改質リグニン」(「林政ニュース」第592・604号参照)の低コスト大量生産に向けた世界初の実証プラントが茨城県常陸太田市内にでき、6月30日に竣工式が開催された。林野庁の補助事業を活用し、 […]

百森が林業専用日報アプリ「Woody」をリリース

百森が林業専用日報アプリ「Woody」をリリース

百森(岡山県西粟倉村)は、林業専用日報アプリ「Woody」を開発し、6月21日にリリースした。紙やエクセルで行っている日報作成作業がスマートフォン1台でできる。価格は1ユーザー当たり月額500円。→詳しくは、「林政ニュー […]

先進的林業機械緊急実証・普及事業で6件を採択

先進的林業機械緊急実証・普及事業で6件を採択

林業機械化協会は公募方式で実施する「先進的林業機械緊急実証・普及事業」の採択事業と実施者を決定し、6月15日に発表した。11件の応募があった中から、次の6件を選んだ(括弧内は窓口事業者)。 ・傾斜地を含む林地において伐採 […]

大建工業が旭川市近郊で木質ボード工場の新設を検討

大建工業が旭川市近郊で木質ボード工場の新設を検討

大建工業(「林政ニュース」第639号参照)は、国産材を使った新しい木質ボード工場の新設を検討している。5月20日に北海道旭川市近郊を候補地とする事業計画を発表した。同社が独自に開発した技術によってトドマツを細かいストラン […]

造作家具にもなる制震装置「ビルアンド」

造作家具にもなる制震装置「ビルアンド」

福岡県の京築ヒノキを使った制震装置「ビルアンド」が開発された。揺れを抑える制震ダンパーを「見える化」し、造り付け家具としても使えるようにした。西日本工業大学の石垣充・デザイン学部建築学科教授と日立Astemo及び江戸川木 […]

木質培地「グロウアース」発売、日南町のプロジェクトが進展

木質培地「グロウアース」発売、日南町のプロジェクトが進展

鳥取県の日南町で2016年にスタートした「木材総合カスケード利用プロジェクト」(「林政ニュース」第546号参照)を具体化する新規事業が相次いで動き出している。大建工業は1月18日に、国産材を原料にした木質培地「グロウアー […]

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第60回をアップしました。

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第60回をアップしました。

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第60回「林地残材をパーティクルボードに・永大産業(株)」(『林政ニュース』第349号(2008(平成20)年9月24日発行)掲載)を […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本