森と本と人のつながりを考える

» 法律・制度・予算

政令市木材議連の新会長に木下氏、容積率緩和を提言

政令市木材議連の新会長に木下氏、容積率緩和を提言

昨年4月に発足した「政令指定都市木材利用促進議員連盟」(「林政ニュース」第572・579号参照)は、8月6日に大阪市内のホテルで総会を開催し、新会長に大阪市議の木下吉信氏が就任。容積率の緩和を通じて建築物の木造・木質化を […]

森林組合法の改正へ、検討作業に着手

森林組合法の改正へ、検討作業に着手

林野庁は、森林組合法を改正する検討作業に着手した。6月21日に閣議決定された「未来投資戦略2019」(「林政ニュース」第607号参照)には、「森林組合について、製材工場等の大規模化等に対応し、組合間の連携手法の多様化に向 […]

目的達成し森林環境税創設促進議連と連盟が解散

目的達成し森林環境税創設促進議連と連盟が解散

30年近くにわたって森林環境税の実現を目指してきた2つの全国組織が目的を達成し、活動に幕を下ろした。市町村議会等が加盟する全国森林環境税創設促進議員連盟は、7月18日に和歌山県田辺市内のホテルで総会を開き、同議連の解散を […]

予算要求に「臨時・特別の措置」、林野重点はイノベーション

予算要求に「臨時・特別の措置」、林野重点はイノベーション

政府は、7月31日の臨時閣議で来年度(2020年度)予算編成の基本ルールとなる概算要求基準を了承、10月の消費税率引き上げを睨み、「臨時・特別の措置」を別枠として講じることにした。林野庁は、「林業イノベーション」の推進や […]

改正国有林法Q&Aで国会審議のポイント解説

改正国有林法Q&Aで国会審議のポイント解説

林野庁は、6月5日に成立した改正国有林法(「林政ニュース」第606号)に関するQ&Aをまとめ、ホームページに掲載した。樹木採取権の新設で国土が荒廃するのでは?など、国会審議での主要な論点について解説している。→詳しくは、 […]

参院選の公約に「林業イノベーション」の推進など

参院選の公約に「林業イノベーション」の推進など

7月21日に投開票される参議院選挙に向けた主要政党の政権公約に、林業関係の政策課題も盛り込まれた。政権与党の自民党は、骨太の方針(「林政ニュース」第607号参照)などで予算編成のキーワードに位置づけられた「林業イノベーシ […]

Tree harvesting areas in national for...

Tree harvesting areas in national forests with the logging right for private companies for up to 50 year

The revised National Forest Act, which newly establishes a large-scale “tree harvesting areas” in […]

「木材利用促進条例」の制定が20県に増加

「木材利用促進条例」の制定が20県に増加

木材利用の促進を目的に掲げる条例を定めた県が20に達した。昨年10月に広島県が制定して以降も、年末にかけて群馬県、愛媛県、新潟県が相次いで条例化。さらに、今年3月末には岩手県と山梨県が同様の条例を定め、いずれも4月1日ま […]

申請が急増し木塀等整備支援事業の受け付け終了

申請が急増し木塀等整備支援事業の受け付け終了

林野庁は、木塀や木柵などの整備促進を目的に今年度から着手した「外構部の木質化の支援事業」(「林政ニュース」第597号参照)への申請受け付けを6月25日正午で打ち切った。4月24日に公募を始めたところ申請件数が急激に伸び、 […]

秩父市が7月1日に「経営管理権」設定、全国で初

秩父市が7月1日に「経営管理権」設定、全国で初

埼玉県の秩父市が全国のトップを切って、森林経営管理法(「林政ニュース」第582号参照)に基づく「経営管理権」を7月1日に設定する。同市内の2か所の私有林について、6月10日に「経営管理集積計画」の公告を行った。林野庁によ […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)