森と本と人のつながりを考える

» 森林施業・経営・管理

伐採地の状況を随時把握、自治体向けに22年度から本格運用

伐採地の状況を随時把握、自治体向けに22年度から本格運用

違法伐採対策などを目的に国(林野庁)が開発した伐採状況の随時把握プログラム「FAMOST(ファモスト)」(「林政ニュース」第630号参照)の自治体向けオンライン説明会が1月に行われた。林野庁は、2022年度からプログラム […]

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第61回をアップしました。

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第61回をアップしました。

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第61回「国産材を安定集荷・住友林業フォレストサービス」(『林政ニュース』第350号(2008(平成20)年10月8日発行)掲載)をア […]

素材生産5割増へ「とちぎ森林創生ビジョン」

素材生産5割増へ「とちぎ森林創生ビジョン」

栃木県は、来年度(2021年度)から新たな総合計画となる「とちぎ森林創生ビジョン」をスタートさせる。同ビジョンは、2025年度までの5か年間を計画期間とし、10年後の目標値も示して、関係者の中長期的な取り組みを促す。年間 […]

広島北部署が広葉樹の枯れ枝を提供しコウノトリの巣づくり

広島北部署が広葉樹の枯れ枝を提供しコウノトリの巣づくり

広島北部森林管理署と国土交通省中国地方整備局三次河川国道事務所は昨年末に、国鳥・コウノトリの巣づくりを地元住民とともに行った。巣づくりには、広葉樹の枯れ枝(長さ1m、径1㎝) が約150本必要なため、広島北部署が今年度( […]

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第57回をアップしました。

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第57回をアップしました。

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第57回「森林経営に革新をもたらす前田林業(株)」(『林政ニュース』第346号(2008(平成20)年8月6日発行)掲載)をアップしま […]

国民森林会議が第1・第2提言をまとめ公表

国民森林会議が第1・第2提言をまとめ公表

国民森林会議は、今年度(2020年度)の提言を11月30日に公表した。提言は2つからなり、第1提言では「持続可能な森林の管理(経営)」に関する考え方を整理した上で人材育成の重要性を訴え、第2提言では「法正林思想」や「恒続 […]

丸太・立木価格の引き上げを! 林経協青年部が提言

丸太・立木価格の引き上げを! 林経協青年部が提言

日本林業経営者協会の青年部は、「新時代の森林管理・林業経営に向けた提言」を11月4日に公表した。丸太と立木価格の低迷が林業経営を圧迫し続けていると問題視しており、「平成初期の水準」に戻すことが喫緊の課題と訴えている。→詳 […]

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第45回をアップしました。

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第45回をアップしました。

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第45回「再造林前提の皆伐で事業拡大・南那珂森組」(『林政ニュース』第334号((平成20)2008年2月13日発行)掲載)をアップし […]

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第42回をアップしました。

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第42回をアップしました。

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第42回「国産チップをどう活かすか―製紙業界のビジョン」(『林政ニュース』第331号(2007(平成)年12月日発行)掲載)をアップし […]

国有林の保育間伐「活用型」で赤字1億円発生

国有林の保育間伐「活用型」で赤字1億円発生

会計検査院は10月19日付けで、国有林野事業で実施している「保育間伐」の一部で赤字が発生していると指摘し、林野庁に対して改善を求めた。問題視したのは、「保育間伐」のうちの「活用型」。検査院が2018~2019年度に関東・ […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)